フリーランスはどうやって仕事を探しているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスは自力で仕事を探す

会社員と違って、フリーランスになると自分で自分の仕事を探すことになります。
最初から長期の仕事が見つかることはめったにないため、
常に何かしら仕事を探している状態なのが普通です。

独立前に関連業界で会社員として働いていた人の方が、
かつての勤務先や取引先などから仕事をもらえて有利かと思いきや、そうでもありません
世の中のフリーランスにはそういう人も多いと思いますが、
私に関しては、企業に勤めていた頃の人脈で仕事をしたことはありません

出版社で編集者として働いた後にフリーランスになり、
現在は校正ライティングをしていますが、
会社員時代に得たもので現在も使っているのは仕事のノウハウぐらいです。

では、どういう風に仕事を見つけているかというと
大まかに次のような手段があります。

  • クラウドソーシングサービスに登録
  • スキル売買サイトに登録
  • 企業と直取引

それぞれに、見つかる仕事の種類特徴が異なります。

 

 

クラウドソーシングサービスに登録

クラウドソーシングとは、簡単に言うとネット上で不特定多数の人が仕事をすること
クライアント側からすると、仕事を不特定の個人に外注するということになります。

ネットで連絡から報酬支払いまで完結する仕事がほとんどですから、
外出できなくてもお金を稼ぐことができます。
かつてノマドワーカーという人たちが注目されましたよね。それも可能です。

大手サイトはランサーズ、クラウドワークスなど

運営サイトで有名なのがランサーズクラウドワークスです。
ランサーズはプロ向けの仕事が多い印象で、クライアントも企業・組織がほとんどです。
クラウドワークスはIT系の案件がやや多い印象で、未経験者OKの仕事も比較的多いようです。
クライアントは企業が多いですが、たまに個人のこともあります。
ライティングの仕事をするのであればどちらも案件が豊富です。
校正の仕事は、ランサーズの方が多いような気がします。

専門知識を問う仕事の方が当然単価が高く
案件への応募者も少ないため受注確率が上がります

また、アカウント登録しておくとプロフィール経歴受注履歴を見たクライアントが
案件にスカウトしてくれたりします。


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

スキル売買サイトに登録

フリマアプリが乱立した時期がありましたね。
物をCtoC(Cはカスタマー。個人と個人の間の売買)で売り買いするアプリとして有名なのがメルカリで、
類似サイト・アプリにバイマミンネがあります。

で、個人のスキルを売買するアプリもあり、サイト構築とかアイコン制作といったスキルを販売・購入できます
有名なのはココナラでしょうか。他にもイラスト系に強いSKIMAなどがあります。

ライターならリライト校正者なら校正が主な販売スキルとなりえます。
募集案件に応募するのではなく、自分でスキルを出品して問い合わせを待つスタイルです。メルカリと一緒ですね。
ここでも専門分野があると比較的受注につながりやすい印象
私は論文や書籍の校正案件をいただくことが多いです。

 

クラウドソーシングとスキル売買サイトの違い

クラウドソーシングとの違いは、サイトコンテンツなど短めの記事を何十本も作業するのではなく
まとまった量の文章を1件1件受注することが多い点でしょうか(あくまで私の場合ですが)。
自然と、こちらの方が1案件あたりの報酬単価が高くなる傾向にあります。

また、声優さんが歌入れサービスを販売していたり音大生が耳コピ譜面を作ってくれたりと
オフィスワーク以外のスキルも販売できるのが面白いです。

 

 

企業と直取引

企業からダイレクトにオファーが来るには、自分の存在を認知してもらわなくてはいけません
東京に事務所を構えているフリーランサーとかであれば、
都内の取引先になりそうな企業へ営業回りをすればいいのかもしれません。
ノマドとは逆行するスタイルにはなりますが、意外と仕事がもらえるかもしれませんし。

企業に営業電話をかけたりメールを送ったりするのもいいかもしれません。
仕事用のサイトを立ち上げて、そこから問い合わせてもらうのもよい窓口になります。

 

直取引のメリット・デメリット

直取引のメリットは、仲介サイトの利用手数料が発生しないことです。
ランサーズ、クラウドワークス、ココナラと先ほど挙げた仲介サイト・アプリは全て、
報酬から手数料が引かれます。だいたい5〜25%ですが、これが馬鹿になりません

直取引のデメリットは、報酬の取りっぱぐれクライアントとのトラブルの心配をしなくてはならないこと。
仲介サイトはさすがにシステムがしっかりしているため、入金トラブルはほぼないですし
クライアントが本名不明の個人だろうとあまり気になりません。
でも直取引では、そうした堅固なルールに守られた環境ではありません
仕事の進め方支払いの話を自分でしっかりとまとめることができ、トラブルにも対応できる力が必要です。

社会人経験のない人や交渉に自信のない人には、直取引はおすすめしません
個人相手ならなおさらです。いろいろ面倒なことになる可能性がぐっと上がります。
もしそのような人が企業から直接仕事をもらいたかったら、普通に求人に応募して働いた方がいいです。

なお、直取引の場合、報酬は完全に交渉で決まります。がんばりましょう笑
たとえ単価が低く納期が多少タイトでも、継続的な発注をもらえるチャンスは割とあるので
お付き合いを大事にするといいことがあるかもしれません。

 

フリーランスの仕事の探し方まとめ

フリーランスの仕事の探し方を3種類紹介しました。
私自身はどれも行っていて、どの方法もいい点があると感じています。
いろんなサイトや取引先がある状態だと、自分の業務を管理するのがやや煩雑になりますが
一つにしぼって生活が成り立つほど稼げる人は少ないのではないかと思います。

どんな仕事をしたかとか、過去のものは忘れがちなので
最低でも月一回は稼いだ金額と仕事を振り返るといいですね。
直取引では基本的に請求書を送らないと報酬が支払われませんから、忘れずきっちり請求しないとダメです。

 

この記事を読んで、まず何かやってみようと思ったら
とりあえずクラウドソーシングのアカウントを作ってみるといいかもしれません。
会社員が副業としてスタートすることもできますし、学生主婦など業界未経験者にもできる仕事はあります。

クラウドソーシングは募集案件に自分から応募するスタイルですが、
無理や背伸びをして応募しないことが最大のポイントです。
受注しても満足に業務をこなせなかったら、自分の評価が下がります
自分のできる仕事をして実績を積んでいきましょう!


クラウドソーシング「ランサーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*