スタバでノマドワークやってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスならノマドワーカーを目指せる

フリーランスで仕事をする良さは、PCとネット環境さえあれば作業ができるということです。
オフィスワーカーと比べると、決まった場所へ通わなくていい
仕事内容によっては環境を選ぶこともありますが
(イラスト制作とかだとソフトやペンタブを使うしデータが重いので自宅PCが一番だと思います)、
ライティング校正などの仕事内容なら、どこでも仕事ができます。

フリーランスはどうやって仕事を探しているか」という記事でも少しだけ触れましたが、
クラウドソーシングサービスなどに登録すると仕事の募集から支払いまでネット完結するので
ノマドワーカーという働き方も十分可能です。

そこで、フリーランス校正者・ライターの私もノマドワークをやってみようと思い
さっそくノートPCを持ってスタバに行ってみました
なお、校正作業では紙のゲラ(=校正紙)に直接書き込む場合もあるので、そちらも試してみました。



クラウドソーシング「ランサーズ」

 

PC使用ではストレスなし

最寄りのスタバは朝からある程度お客さんが入っています。
平日早めの時間に出かけて席を確保。コンセントのあるカウンター席か、居心地のいい一人がけソファ席を狙います。
(店舗によっては平日でもずっと混んでるところや、逆にすごく空いてるところもあるので、落ち着ける店舗探しをすると尚可です)

ドリンクを注文したら、仕事道具を出します。使うのはノートPCとスマホのみ
(スマホは作業にはほとんど使いませんが、テザリングやチャット連絡の受信用に置いてる)
一日中いるのでなければ、PCは充電できなくても大丈夫
スタバで仕事をするメリットの一つは、アカウント登録すれば無料WiFiが使えることです。
最近はスタバ以外のカフェでもWiFiサービスが増えたので、簡単な調べ物をするだけならポケットWiFiを持参する必要がなくなり荷物が減りました!
これは地味に嬉しいです。MacBookの充電器とか機器一式持ち歩くと意外に重いので。。
無料WiFiのセキュリティに関しては後述します)

ネット接続して、調べながら校正やライティングをするのが通常のため、ネット環境さえしっかり整っていれば仕事は進められます。
ライティングも校正もスタバでやってみたところ、作業自体に問題はありませんでした
Google Driveのように、ファイル自体がクラウド上にあるもの修正・保存には問題なし
(こちらはポケットWiFi持参など、セキュリティ対策が必須です。後述します)

おいしいコーヒーを飲みながら仕事ができるし、家と違う環境なのも新鮮です。
時間帯や曜日にもよりますが、お店が静かな時はかなり集中できます。

 

紙ベースの校正紙だとやや狭い

校正の仕事は、書籍1冊単位の長いものだと紙ベースで見る方が便利です。
少なくとも私はそう思っていて、書籍や論文を校正するときはデータをプリントアウトすることが多いです。
目次と本文の照合作業や、図番号の連続を見るとき、既出語句を振り返るときにはページをめくって調べるからです。
PCも同時に使用して語句をファイル内検索すると精度やスピードが上がるので、両方使用することがほとんど。
これをスタバでもやってみたことがあります。

結論、スタバのテーブルでは少し手狭でした。
校正紙のサイズはB4のことが多く、これを2枚分置いてノートPCも置く……となると、カウンター席や1〜2人席のテーブルからはみ出てしまいます
※校正紙は、実際の書籍のサイズがA5なら、見開き(=A4)+余白を取ったサイズ=B4となるのが普通です。
私は、これから見るページと見終えたページを置くのに2枚分のスペースを取るようにしていますが、狭いときは重ねます。
さらに狭いときは、PCを閉じてその上に校正紙を置きます。効率が下がるので最終手段。

紙のサイズがA4であれば、なんとかなるかもしれません。
スペースが狭いと作業スピードが遅くなるので、無理にスタバでやらなくても図書館とか机の広いところへ行くといいかなと思います。
あと、外に校正紙を持ち出すときは紛失に注意です。



クラウドソーシング「ランサーズ」

 

周囲の話し声

スタバでPCを出して仕事をする姿はとても優雅に見えますよね。他の人を見てるとそう思います。
自分はというと、カフェで仕事するのに最初けっこう緊張しました
集中したらしたで周りが見えなくなるので、その姿がどう見えてるかわかりません笑
スタバにおいては、ガサガサと校正紙を広げてめくるよりは、PCだけ使って作業する方がスマートではあります。

時間帯によっては結構混雑していて、コーヒーと会話を楽しむお客さんでいっぱいなので、周囲の話し声がけっこう聞こえてきます
ある程度話し声が聞こえてきても作業はできるので、集中にはあまり問題ありませんでした
ただ、満員のスタバでずっと作業するのはちょっと気が引けますし雑音も大きくなってきたりと集中しにくくなるため、混んできたら早々に退散します。
音が気になって集中しづらい人は、お客さんが少ない時間帯に行くとすごくくつろげると思います。

 

セキュリティ対策を忘れずに

無料WiFiはとっても便利です!しかし、セキュリティ対策は必要です。
公共のネットサービスに接続しているときは、情報の保護に十分気を使う必要があります。
自分のPCに入っている連絡先などの情報や、仕事で使うデータは流出させてはいけません。

スタバの公式サイトでは、

無線LANは暗号化しておりませんので、秘匿性の高い情報を送受信する場合には、セキュリティを確保するSSLやインターネットVPNなどを用いて通信内容を保護することをお勧めします
としています。

スタバの無料WiFiを利用する際には、以下の点に気をつけましょう。
PCのファイヤーウォール設定を有効にする
フォルダの共有設定をOFFにする
セキュリティソフトをインストールし有効にする
URL表示の左側に鍵マークがついた状態が確認できるサイトを利用する

もっと言うと、情報管理の徹底には無料WiFiよりもスマホの4G通信携帯キャリアのWiFiサービスが安心です。
PCを使う際にはスマホのテザリング機能を使えば同等のセキュリティ環境を作れます。
なお、接続しているPCやスマホのMACアドレスが他人に知られるため、社用PC・スマホの接続はやめた方がよいようです。
(参考:ITエンジニアの方がブログに詳しく書いておられます)

 

スタバでノマドワークまとめ

スタバでPCだけ持って校正やライティングの仕事をすることは十分可能でした。
ただし、無料WiFiに接続するときはセキュリティ上問題ない通信だけを行うのが大事です。
よくわからない場合は、自分用のWiFiルーターを持ち歩いて接続するか、スマホのテザリング機能を使うとクリアできます。

紙ベースの校正に関しては、テーブルからはみ出て手狭だし、作業効率が落ちるためあまりおすすめしません
わざわざスタバでやるよりは、広いスペースを確保できる図書館とかレンタルオフィスの方がいいかなと思います。
インドアな私ですが、スタバでは割と快適に作業できた気がします。
タイミングを見計らって、空いてるときに行くのがいいですね。



クラウドソーシング「ランサーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*